生と死の間に!

其れは、単に、「生まれてから死ぬまで」のことを指しているわけではない。
命あるものの物語なのだ。
動植物、すべて、生あるものがこの世を育んでいるのであり、
人はその一員、構成要素にすぎないのだ。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック